スキップしてメイン コンテンツに移動

「ネット右翼」の道徳概念システム(2)

『現代の理論』(明石書店)2008年新春号に掲載された拙稿の元原稿を、許可を得て公開します。一部の表現に違いはありますが論旨に変わりはありません。なお、執筆した2007年当時の情勢を念頭に置いて書かれたものであることをご承知おきください。

 ここではいわゆる「ネット右翼」を考察の対象とするわけであるが、その可能性と意義について予備的な考察が必要である。
 というのも第一に、「ネット右翼」なる概念はネット上であまり評判がよくないからである。批判の第一点は、「ネット右翼」なるものは実体としては存在しない、というものである。ネット上の投稿は大部分が匿名で行なわれるものであり、その発言を現実の個々人へと結びつけることは実際的には不可能である。ネット上に右派的な発言が多数みられるからといってその背後に多数の右派が存在するとは言えず、まして右派組織があるとは言えない。ネット上で右派的な発言をする者が実生活において右派的な思想をもちそうした思想に基づいて行動していると考える根拠はない、というものである。関連する批判として、「ネット右翼」が「2ちゃんねる」のような特定の掲示板と安易に結びつけられて語られることへの批判がある。リベラルな見解を表明したブログなどに否定的なコメントが殺到し対応が追いつかなくなり、場合によってはブログの閉鎖に追い込まれるという、いわゆる「炎上」、特定個人や団体への批判的・嘲笑的コメントがいくつかの掲示板やブログを中心として大量に投稿され個人情報の暴露にまでエスカレートする「祭り」といった現象がマスメディアでもとりあげられたことで、「炎上するのはリベラルなブログだけではない」といった反発も起きるようになった。
 たしかに「2ちゃんねる」はマルチスレッド掲示板の集合体であり、分野ごとに「○○板」と呼ばれる掲示板があり、そこには「○○スレ」と呼ばれる多数のスレッドが含まれている。そして「板」により、また「スレ」により発言傾向に大きな違いがあるというのは事実である。またとりたてて政治的というわけではない話題をめぐって「炎上」や「祭り」が発生するのもその通りである。しかし「2ちゃんねる」のいくつかの「板」が右派的発言を多数集める「場」となっていること自体は事実であり、そうした発言の背後に個々人の思想を実体として想定しなくてもそれらの発言のロジック、そうした発言をエンカレッジする「空気」をとらえ分析することは可能である。
 第二の批判としては、そもそも右/左という分類自体がポスト冷戦の世界では有効性を失っており、「ネット右翼」なる語は陳腐なレッテル貼り以上の意味を持たない、というものである。ネットに観察されるのは「右傾化」というよりはシニシズム(注1)や「政治のサブカル化」である、といった指摘もある。この点について詳述する紙幅の余裕はないので、さしあたり次のようにだけ述べておくことにする。歴史的、地域的な文脈により右/左の対立軸が変わること、それゆえ従来の対立軸を前提とした発想では現在の政治的対立の意味を読み違えかねないことはたしかである。しかしそのことは、後述するように例えば「国家」に対する態度を大きく二つに分類することができ、それらを従来の右/左という分類と結びつけることは--より生産的な分類が提案され定着するのでない限り--十分な意味を持つだろう、ということを否定するものではない。そしてネット右翼が右翼「思想」の持ち主ではなく、手近なリソースとして右派論壇から思考の断片を借りているだけだとしても、なぜ右派的なガジェットが選択されるのか、という問題は依然として残るのである。


(注1) 北田暁大、『嗤う日本の「ナショナリズム」』、NHKブックス

 第三に、主として「ネット右翼」とされる側からの批判として、彼らは「中立」「中道」であるにすぎず、「右」に見えるのは従来の日本の言説空間が左傾していたからにすぎない、というものがある。筆者は過去数年、ネット上の右派的発言の観察をおこない、いくつかの話題については自ら対抗的な発言をしてその反応を観察してきた。その経験から判断して、強く「中立」「中道」を自称することそれ自体が「ネット右翼」のあるタイプの特徴であると筆者は考える。まず、従来の日本の言論界が左派に支配されていたというのは右派がもっとも熱心に主張することのひとつである、ということ。「ネット右翼」が好んで情報ソースとする産經新聞のワシントン駐在特別編集委員、古森義久氏が自身のブログ「ステージ風発」(http://komoriy.iza.ne.jp/)のプロフィール欄において「国際的にみれば、中道、普通、穏健な産経新聞の報道姿勢」と称しているのが象徴的である(産經新聞の報道姿勢が「国際的にみれば(…)普通」であるかどうかは、2007年夏の米下院での「慰安婦決議」をめぐる右派の主張が欧米諸国でどう評価されたかをみれば自ずから明らかであろう)。自らを「中道」と称するのはこうした主張へのコミットメントの帰結でもあるが、その他にもいわゆる「街宣右翼」への否定的なイメージがそれなりに広く共有されていること、「中立」を自称することにより自らの立場の正当化を免除される(と考えている)こと、なども理由であろう。

 では、右派論壇ではなく発言者の同定も困難な「ネット右翼」を問題にすることにはどのような意味があり得るのだろうか。紙幅の都合でここでは次の二点を指摘するに留めたい。まず第一に、不特定多数によるネット上での発言を観察対象とすることにより、出版メディア、雑誌メディアで発進される右派論壇の主張がどのように受容されているかを問題としてとりあげることができる。前出の南京事件否定論(注2)が典型であるが、ある主張が学問的な場においてその破綻を明らかにされたからといって、それを支持する者が直ちにいなくなるわけではない。論壇よりもはるかに単純化された素朴なかたちで主張が展開されるネット言説においては、右派論壇の主張のどのような点がその受容者にとって魅力的に映るのかがよりあらわになると言ってよい。前出の「原爆投下、しょうがない」発言や、藤田雄山広島県知事が広島市内で発生した在日米軍の海兵隊員による強姦事件について「朝三時に盛り場でうろうろしている未成年もどうかと思う」と発言したケースのように、現実社会では批判を予期してある程度抑制される--それゆえこれら表沙汰になったケースでは「失言」として扱われる--主張がネット上では“気軽”に行なわれる傾向があるため、本音が探りやすいということもできる。もう一つは、実社会よりも平均年齢が若いネット利用者の発言を観察することで、右派における「世代交代」がどのような論点をめぐって起きているかを知ることができる、という点である。

(注2) 南京事件否定論とその受容に関しては、『季刊 戦争責任研究』(日本の戦争責任資料センター)第58号に掲載の拙稿(共著)、「南京事件否定論とその受容の構造」を参照されたい。

 本稿の主な目的は第一点に関わるので、第二点についてはここで簡単に触れておこう。小熊英二らは「新しい教科書をつくる会」の支持者たちの間で天皇制に対する冷めた態度がみられることを指摘している(小熊英二・上野陽子、『“癒し”のナショナリズム--草の根保守運動の実証研究』、慶応義塾大学出版会)。同じことは「ネット右翼」についても言うことができ、例えば皇室典範改正問題に対するネットの関心はさほどではない(天皇制支持者の間でも女系容認派と反対派の分裂があることも一因だろうが)。日本の右派の伝統的な攻撃対象であったロシア(旧ソ連)への敵意が相対的に稀薄なのも特徴である。「有害コミック」規制や児童ポルノ法によるコミックの規制といった問題でも、ネット上では左右を超えて、サブカルチャーへのコミットメントを通じた合意(規制反対、という主旨での)がある程度成立しているのを観察することができ、年配の保守派の性道徳意識との間に乖離があることをうかがわせる。

このブログの人気の投稿

歴史修正主義は何によってそう認定されるか

 誤解されがちなのですが、歴史修正主義的な主張は「結論が通説と違うから」とか「日本軍を美化しているから」といった理由で「歴史修正主義的だ」と判断されるわけではありません。神ならぬ私たちは歴史記述それ自体だけをとりあげて「これは史実に合致している」とか「史実に反している」と判断することはできないからです。肝心なのはむしろある歴史記述(と主張されているもの)がどのような方法で導き出されているか、です。史料の取捨選択やその解釈、史料からの推論などがまったく妥当性を欠いている場合に「偽史」とか「歴史修正主義」という判断が下されるわけです。「おかしな結論」が出てくるのは「おかしな方法」が用いられているからなのです。一定の合理性を備えた方法によって導き出された歴史記述同士の対立は学術的な議論の対象になりますが、歴史修正主義は「疑似科学」の一種であって「歴史学の内部における、通説への挑戦」ではありません。
 朴裕河氏の『帝国の慰安婦』(朝日新聞出版、2014年)を徹底的に批判した鄭栄桓氏の『忘却のための「和解」』がまず焦点を当てているのも、『帝国の慰安婦』で用いられている「方法」です(『忘却のための「和解」』、195ページ)。逆にいえば、歴史修正主義批判の妥当性もまた、「方法」への批判の方法によって判断されることになります。

  私がみるところ、『忘却のための「和解」』は『帝国の慰安婦』に歴史修正主義的という評価を下すに足るだけの十分な理由があることを明らかにしています。その徹底した批判ぶりについてはぜひ『忘却のための「和解」』を読んで確かめていただきたいと思いますが、ここでは私自身が『「慰安婦」問題の現在』(三一書房、2016年)所収の拙稿(『季刊 戦争責任研究』第85号に掲載されたものを改題のうえ再録)でとりあげた事例を使って、『帝国の慰安婦』の「方法」がはらむ問題点を例証してみましょう。
  朴裕河氏は『帝国の慰安婦』104ページで「慰安婦問題を否定する人たちが、民間人が勝手に営業したと主張するのは、このような記憶が残っているからだろう」と主張しています。ここで「このような記憶」とされているのは、千田夏光氏の『“声なき女”八万人の告発 従軍慰安婦』(講談社文庫版のタイトルは『従軍慰安婦』)において元日本兵が「びっくりしたのは済南に入城した二日後に、早くも酌婦が入って来たこと…

新刊のお知らせ

 2016年6月23日に岩波書店より、山口智美さん、テッサ・モーリス−スズキさん、小山エミさんとの共著『海を渡る「慰安婦」問題――右派の「歴史戦」を問う――が刊行される予定です。一冊まるまる、右派による「歴史戦」の企てを批判的にとりあげた書籍はおそらくこれがはじめてであろうと思います。


 私が担当した第1章は、月刊右派論壇誌がこの20年間でどのように「歴史戦(歴史戦争)」言説をつくりあげてきたかを概観する内容となっております。テーマとしては昨年早川タダノリさんと共に刊行した『憎悪の広告 右派系オピニオン誌「愛国」「嫌中・嫌韓」の系譜』(合同出版)の第3、9、12章などと共通しており、実際に『憎悪の広告』執筆に用いた資料が今回も大いに役に立ちました。過去20年間の右派論壇誌の新聞広告を約140点収録した『憎悪の広告』は『海を渡る「慰安婦」問題』が描き出す右派の「歴史戦」についての具体的なイメージをつかむうえでの一助となると自負しております。新刊ともども、この機会にお手にとっていただければ幸いです。



歴史修正主義の手法に見られるパターン

 心理学者のセス・C・カリッチマンは『エイズを弄ぶ人々ー疑似科学と陰謀説が招いた人類の悲劇』(化学同人、2011年。原題 Denying AIDS: Conspiracy Theories, Pseudoscience, and Human Tradegy, 2009)においてエイズ否認主義の典型的な手法をまとめています。実はこの手法は疑似科学一般にも、さらには歴史修正主義においても見られるものです。カリッチマンは科学ジャーナリストのマイケル・シャーマーの分析に着想を得ているのですが、シャーマーはホロコースト否定論が疑似科学と同じパターンの論法を使用していることを指摘しています(『なぜ人はニセ科学を信じるのか II』、早川文庫)。以下にカリッチマンの指摘の主なものをメモしてコメントを付します。太字になっているのは原文の小見出し。
第4章  否認主義者のジャーナリズムと陰謀説
エイズをめぐる大規模な議論?(164ページ〜)
「否認主義のジャーナリストは、HIVがエイズの原因かどうかについて、公の場で公正な議論を行うことをしつこく要求する」「否認主義者から見れば、エイズ学者は真実の発覚を恐れて、HIVがエイズの原因かどうかについての議論を避けている、ということになるようだ」「一方、エイズ学者から見れば、HIVがエイズの原因かどうかという問題はすでに解決済みであり、改めて議論すれば、それを未解決と見なすことになるのだ」
コメント:河村たかし・名古屋市長が南京大虐殺否定発言の問題化後に言い訳として用いたのもこの論法。ネットにも「検証するくらいいいじゃないか」みたいな発言はゴロゴロしているが、しかしそんなことを言う人々が過去の「議論」の蓄積をきちんと参照したためしはない。
科学を宗教として描く(173ページ〜)
「否認主義には宗教的含みが無数に見られ、特に主流のエイズ学について説明する際には、しばしば宗教がかった言い方をする。エイズ学は『正統派(オーソドクシー)で、「HIV=エイズの教義(ドグマ)」を奨励し、HIVがエイズの原因かどうかに疑問を持つ科学者を「破門する」、といった具合だ」「科学を宗教のように扱うのは、科学的証拠を単なる信仰のひとつとして片づけたいからだ」(原文のルビをカッコ書きに改めた)
コメント:「正統派」といったタームは日本ではさほどポピュラーではないが、「…